コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダビデの塔 ダビデノトウ

デジタル大辞泉の解説

ダビデ‐の‐とう〔‐タフ〕【ダビデの塔】

Tower of Davidパレスチナ地方の古都エルサレムの旧市街(東エルサレム)にある要塞。西側に位置し、ヤッファ門に近い。紀元前1世紀にヘロデ王が築いた要塞に起源し、その後も十字軍オスマン帝国などによって増改築が続けられた。名称はダビデ王が尖塔を築いたという東ローマ帝国時代の伝説に由来する。現在は旧約聖書に登場するカナンの時代からイスラエル建国までの歴史を紹介する博物館になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ダビデの塔の関連キーワードクラウス(Rosalind E. Krauss)フィッシュリ&ワイスマークレイ朱音DUSTZ林勇輔ヘーム家カビサム&デーブセイスモサウルス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android