コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダビデの塔 ダビデノトウ

デジタル大辞泉の解説

ダビデ‐の‐とう〔‐タフ〕【ダビデの塔】

Tower of Davidパレスチナ地方の古都エルサレムの旧市街(東エルサレム)にある要塞。西側に位置し、ヤッファ門に近い。紀元前1世紀にヘロデ王が築いた要塞に起源し、その後も十字軍オスマン帝国などによって増改築が続けられた。名称はダビデ王が尖塔を築いたという東ローマ帝国時代の伝説に由来する。現在は旧約聖書に登場するカナンの時代からイスラエル建国までの歴史を紹介する博物館になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ダビデの塔の関連キーワードクラウス(Rosalind E. Krauss)フィッシュリ&ワイスマークレイ朱音DUSTZ林勇輔ヘーム家カビサム&デーブセイスモサウルス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android