ダビデの塔(読み)ダビデノトウ

デジタル大辞泉の解説

ダビデ‐の‐とう〔‐タフ〕【ダビデの塔】

Tower of Davidパレスチナ地方の古都エルサレムの旧市街(東エルサレム)にある要塞。西側に位置し、ヤッファ門に近い。紀元前1世紀にヘロデ王が築いた要塞に起源し、その後も十字軍オスマン帝国などによって増改築が続けられた。名称はダビデ王が尖塔を築いたという東ローマ帝国時代の伝説に由来する。現在は旧約聖書に登場するカナンの時代からイスラエル建国までの歴史を紹介する博物館になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android