コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダヤク諸族 ダヤクしょぞくDayak peoples

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダヤク諸族
ダヤクしょぞく
Dayak peoples

ボルネオ島に住むプロト・マレー系諸民族に対する総称。カヤン族クニャー族を含む中・東部のバハウ族,南部のガジュ族,南西部の陸ダヤク族,およびサラワクイバン族などに分れる。人口約 200万~220万と推定される。プナン族その他の内陸の森林で狩猟を業とする一部を除いて,一般に川岸のロングハウスに住み,1つのコミュニティーは数百人をこえることはまれで,双系的に出自をたどる。イバン族と陸ダヤク族には社会的階層がないが,かつてカヤン族とクニャー族には首長を含む貴族,平民,奴隷階級が認められた。主として焼畑耕作による陸稲の栽培に従事し,二次的に漁業と狩猟に依存している。用具は鉄製で武器は剣,槍,吹き矢などを用いる。言語はオーストロネシア語族インドネシア語派に属する。宗教はアニミズムが中心で,多神教的であり,なかでも盛大な2次葬を行うものはカハリンガンと呼ばれ,ヒンドゥー教の一派として政府からも公認されている。かつては民族間の争いが多く首狩りが行われた。なお,ボルネオ各地のマレー人の多くは,イスラム化したダヤクをさすが,ダヤクのマレー化現象は今日までみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダヤク諸族の関連キーワードカリマンタンティムール州カリマンタントゥンガ州カリマンタンバラット州カリマンタンスラタン州インドネシア諸族バンジャル族カリマンタンボルネオ島死体放棄農耕儀礼穀霊

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android