ダリエー病(読み)ダリエーびょう(英語表記)Darier's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダリエー病
ダリエーびょう
Darier's disease

毛包性角化異常症ともいう。前額,胸骨部,腋窩腹部鼠径部,陰股部など発汗の多い部位に対称性に角化性丘疹が多発し,ときに水疱が生じる。小児期から思春期にかけて発症し,夏季に悪化する。精神や身体の発育が遅れることもある。優性遺伝性疾患。まれに病変が片側だけに生じることもあり,片側性ダリエー病という。フランスの皮膚科医 J.ダリエー (1856~1938) にちなむ名称。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家庭医学館の解説

だりえーびょう【ダリエー病 Darier Disease】

[どんな病気か]
 10歳すぎの子どもの胸、背中、顔、頭部、鼠径部(そけいぶ)、臀裂部(でんれつぶ)などに細かい丘疹(きゅうしん)(ぶつぶつ)ができるもので、常染色体優性遺伝(じょうせんしょくたいゆうせいいでん)による病気です。
 たくさんできると見た目が悪く、夏には悪臭を放つことがあります。また、細菌単純ヘルペスウイルスの二次感染をよくおこします。
 難治性で、慢性に経過します。また、自然治癒(しぜんちゆ)することはありません。
[治療]
 エトレチナート製剤という薬の内服が有効ですが、副作用があるので注意します。
 細菌の感染がおこりやすく、悪臭の原因になるので、汗をかいたとき、とくに夏期には清潔を心がけます。日光に当たると悪化しますので、日に当たらないようにしましょう。
 細菌感染をおこしたときは抗生剤を、単純ヘルペスの感染があるときは抗ウイルス薬を使用します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android