ダロウェイ夫人(読み)だろうぇいふじん(英語表記)Mrs. Dalloway

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダロウェイ夫人
だろうぇいふじん
Mrs. Dalloway

イギリスの女流作家バージニア・ウルフの長編小説。1925年刊。下院議員リチャード・ダロウェイの妻クラリッサの1923年6月のある日の生活が描かれる。その夜、彼女が催す夜会が作品のクライマックスであるが、準備に費やされた1日の間に彼女の心を通り過ぎる少女時代の思い出、死と肉体の消滅と生の肯定に至る思いを通して、ウルフの考える人間の真実の姿が示される。また、第一次世界大戦従軍中、戦争神経症に冒された青年セプティマス・スミスは、この同じ日に自殺するが、夜会の最中にこの話を聞いた主人公は、この青年との間に不思議な絆(きずな)を感じる。死の願望と生の肯定、人々を結び付ける夜会の世界と孤独な狂気の世界の結合がウルフの本質を示す。[佐藤宏子]
『近藤いね子訳『ヴァージニア・ウルフ著作集3 ダロウェイ夫人』(1976・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android