コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンツィ ダンツィ Danzi, Franz

2件 の用語解説(ダンツィの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンツィ
ダンツィ
Danzi, Franz

[生]1763.5.15. マンハイム
[没]1826.4.13. カルルスルーエ
ドイツの作曲家。イタリア出身のチェロ奏者でマンハイム選帝侯に仕えた父のもとに育ち,1778年選帝侯楽団の一員となる。 1807年シュツットガルトの宮廷楽長,12年カルルスルーエの宮廷楽長に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンツィ
だんつぃ
Franz Danzi
(1763―1826)

ドイツの作曲家、チェロ奏者。イタリア系のチェロ奏者であった父イノチェンツォに学び、マンハイムで活躍後、1783年父の後を継いでミュンヘンの宮廷楽団チェロ奏者となり、同地で喜歌劇などを作曲、成功を収めた。96~98年にかけ各地を演奏旅行し、98年ミュンヘンの宮廷副楽長になった。声楽家であった妻が1800年に死ぬと、すべての職を辞任したが、07~12年はシュトゥットガルトの楽長、のちにカールスルーエの楽長も務めた。ウェーバーと親交があり、作曲面で影響を受けた。作品には三つの管楽五重奏曲(作品56、67、68)などがある。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダンツィの関連キーワードベルンハイムインハイワイカースハイムマックス・フォン・オッペンハイム男爵シャンハイムーンハイデンハイム・オペラ・フェスティバルシュターミツ カール・フィリップマンハイム気象学会《マンハイム・ジャーナル》マンハイム様式

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダンツィの関連情報