コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンフリース ダンフリース Dumfries

3件 の用語解説(ダンフリースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンフリース
ダンフリース
Dumfries

イギリススコットランド南西部,ダンフリース・ガロウェー行政府所在地。アイリッシュ海の入り海ソルウェー湾に注ぐニス川の下流部に臨む。青銅器時代鉄器時代の遺跡が発見されていることから,古くから人が住んでいたと思われるが,11世紀以前の歴史は明らかでない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ダンフリース(Dumfries)

英国スコットランド南西部の都市。ニス川下流部に位置し、河港都市として発展。スコットランドを代表する詩人ロバート=バーンズが晩年の6年間を過ごした地であり、バーンズの家や霊廟、記念館などがある。ダンフリーズ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンフリース
だんふりーす
Dumfries

イギリス、スコットランド南西部の都市。人口3万2400(2002推計)。地名は、ゲール語で「フリージア人の砦(とりで)」を意味し、またスコットランドの「南の女王」と俗称される。ニース川河口13キロメートル上流に位置し、河港都市として発達した。伝統的な毛織物工業のほか、最近はゴム・化学工業が発達してきている。18世紀の詩人ロバート・バーンズが晩年の6年を過ごした地。聖マイケル寺院にはバーンズ廟(びょう)がある。彼の住居は遺品を集めた博物館となっている。[米田 巌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダンフリースの関連キーワードエアスコットランドヤードダンファームリンローランドローモンド湖スコットランド幻想曲スコットランド室内管弦楽団グレトナ・グリーンスコットランド南部高地スコットランド風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone