ダンベル

百科事典マイペディア「ダンベル」の解説

ダンベル

体操器具の一種。亜鈴は〈音のしない鈴dumb bell〉の日本語訳。もともとは大きな鈴の空洞に詰めものをして重くし,それを2個一本の柄に固したもの。次第に体操用具として改良され,今日のような形態となった。現在では腕その他の筋肉鍛練用としてウェイト・トレーニングボディビルディングなどで用いられる。片手で持てる重量のため,バーベルに比べ,腕,肩,胸,脚などを簡単に鍛えるのに有効で,基礎体力の向上,成人病対策,うつ病改善,肥満対策など,その運動効果は多岐にわたる。
→関連項目ウォーキング体操

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ダンベル」の解説

ダンベル

〘名〙 (dumbbell) =あれい(亜鈴)
漂流記(1863)「一日に幾度と定て、鉄を以て製しドンベルと名付るものを取て運転し、筋骨を強健にすること」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android