コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルノフツイ州 チェルノフツイChernovtsy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェルノフツイ〔州〕
チェルノフツイ
Chernovtsy

ウクライナ西部の州。州都チェルノフツイ。南はルーマニアと国境を接し,北はドネストル川に限られる州で,東カルパート山脈とその前山地帯,プルト川河谷などから成る。歴史的にブコビナとして知られる地域の北半分にあたり,1940年ルーマニアからソ連に割譲された。ウクライナ人が全人口の4分の3を占めるが,ほかにロシア人,ポーランド人,ハンガリー人,ルーマニア人,ユダヤ人など多くの民族が居住している。全面積の約半分が耕地に利用され,森林 (約 30%) は山地に多い。農村人口は住民の約 60%で,全産業中農業が卓越している。穀物 (コムギ,トウモロコシ) ,テンサイ,アマ,ブドウなどの栽培が盛んで,養蜂,養蚕も行われる。工業部門は食品 (砂糖,果実缶詰,油脂,醸造) ,繊維,皮革,木材加工などの工業が中心で,石油工業設備,軽工業用工作機械などの機械工業も発展してきた。チェルノフツイを中心として鉄道,道路が放射状に延び,キエフ,リボフオデッサなどのほか,ルーマニアのスチヤバへ通じている。面積 8100km2。人口 93万 8600 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android