チェルノフツイ(英語表記)Chernovtsy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェルノフツイ
Chernovtsy

ドイツ語名チェルノウィッツ Czernowitz。ウクライナ西部,チェルノフツイ州の州都。東カルパート山脈の北麓にあり,プルト川南岸の高い崖上に位置する。キエフ公国の古都で,近世にはブコビナの主都であった。ポーランド,トルコ,オーストリア=ハンガリー帝国,ルーマニアに次々に領有され,1940年にルーマニアからソ連に割譲された。織物,木材加工,機械,食品加工などの工場があり,ブコビナ地方の文化の中心としてチェルノフツイ大学 (1875) ,医科大学,交響楽団,歴史・郷土博物館などがある。リボフテルノーポリモルドバ,ルーマニアなどと鉄道,道路で結ぶ交通の要衝になっている。人口 25万 9000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android