コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブコビナ Bukovina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブコビナ
Bukovina

東ヨーロッパの地域名。カルパチア山脈東北部とそれに続く平野部をさす。6~12世紀ウクライナ人,ルーマニア人が移住。その後オスマン帝国,続いてロシアに帰属。 1775年以来オーストリアに併合され,第1次世界大戦を契機にルーマニア領となった。しかし 1940年「ウクライナ人のウクライナ」を主張するソ連はチェルノフツィ市を中心とする北部を占領。 47年パリ平和条約によって北部 (約 8400km2) はソ連,南部 (約 4900km2) はルーマニアに帰属することが確認された。住民は北部のウクライナ人,南部のルーマニア人を中心に,ロシア人,ユダヤ人,ドイツ人など。全地域の半分近くがモミ,ブナ (ブコビナの名称はスラブ語のブナ bukに由来) の森林で,製材業が盛ん。プルト川,シレト川流域の平野部ではトウモロコシ,テンサイオオムギ,ジャガイモなどを産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブコビナ

ルーマニア語ではBucovina。カルパティア山脈ドニエストル川の間にあり,ルーマニア北東部とウクライナ南西部にまたがる地方。プルート川,シレト川の流域で,森林と豊かな農業地帯よりなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブコビナ【Bukovina[ロシア]】

カルパチ山脈の中央部から南東部にかけての森林の多い丘陵地帯で,現在北部はウクライナ,南部はルーマニアの領土である。カルパチ山脈の峠を越えて西方はトランシルバニア,ハンガリーへ通じ,またドニエストル川,プルート川,シレト川によって黒海と結ばれているこの地方は,商業・軍事上の要地であったが,独立した国家組織をもったことはなかった。 10世紀にキエフ・ロシアの支配下におかれ,12~13世紀にはガリツィア・ボルイニ公国に属したが,〈ブナの森のくに〉を意味するこの地名が初めて文献に現れたのは1392年であり,14世紀以降に一つの地域を形成するようになったとみてよいであろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブコビナ
ぶこびな
Bukovina

ヨーロッパ東部、ウクライナとルーマニアにまたがる地域の歴史的呼称。カルパティア山脈北東の山麓(さんろく)地方をさし、シレト川、プルート川、ドニエストル川の上流地帯にあたる。面積4031平方キロメートル。北部はウクライナに属し、住民の多数はウクライナ(ルテニア)人。南部はルーマニア領で、ルーマニア人を相対多数とする多民族が住む。トルコ領であったが、1774年にオーストリア(当時)のガリツィア地方に編入された。1919年にルーマニア軍により占領され、パリ平和会議でもルーマニア領とされた。1940年6月にソ連はベッサラビアとともにブコビナの割譲をルーマニアに要求、ドイツが難色を示したので、ブコビナは北部のみがソ連に帰属、1991年のソ連解体でウクライナ領となった。[木戸 蓊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブコビナの言及

【スチャバ】より

…都市の近代化が急速に進み,パルプ・製紙工業が導入された。ブコビナ地方と呼ばれる市の北西40~70kmには,ボロネツ,モルドビツァ,プトナ,シュツェビツァなど宗教壁画のある修道院があり,ルーマニアの代表的な観光地の一つとなっている。【佐々田 誠之助】。…

※「ブコビナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブコビナの関連キーワードウクライナとルーマニアの領土問題ドラゴミルナ修道院スチェビツァ修道院チェルノフツイ州大ルーマニア主義アルボーレ修道院フモール修道院ボロネツ修道院チェルノフツイブルシーロフボドナラシュルーマニア語モルダビアルテニア人スチャバモルドバヤシ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android