コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェンバーズ百科事典 チェンバーズひゃっかじてんChambers's Encyclopaedia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェンバーズ百科事典
チェンバーズひゃっかじてん
Chambers's Encyclopaedia

イギリスのオックスフォードで出版されている百科事典。名称は初版の刊行者であるウィリアム・チェンバーズとロバート・チェンバーズの兄弟の名にちなむ。全 10巻の初版 (1859~68) は,ドイツの『ブロックハウス会話辞典』 German Konversations-Lexikon (現『ブロックハウス百科事典』) 第 10版の翻訳を基にしていた。イーフレイム・チェンバーズの『学術百科事典』 Cyclopaedia (1728) とは別ものである。現代版全 15巻は 1950年に出版された。収録項目は国際的な範囲にわたるが,学術研究への寄与を重視する姿勢からイギリス関連の事項に重きをおいている。継続的な改版システムをもたないため,多くの項目には日付が示してある。最新版 (1973) は,パーガモンが出版した 1966年改訂版に修正を加え,体裁や掲載項目,分量配分を一新している。特に人文,地理,伝記の分野で,歴史的記述の信憑性,学術性,および洗練された文体に定評がある。体裁は保守的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チェンバーズ百科事典【チェンバーズひゃっかじてん】

英国の百科事典。(1)Chambers's Cyclopaedia。スコットランド人イフレーム・チェンバーズが1728年に2冊本で出版。英国の近代百科事典の祖で,フランスの百科全書の出現に影響。
→関連項目百科事典

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android