コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チクシ Tiksi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チクシ
Tiksi

ロシア東部,サハ共和国の都市。ラプテフ海のチクシ湾にのぞむ港湾都市で,ヤクートの北の門である。レナ川の河口に近く,レナ川の水運で運ばれてきた貨物と海路運ばれてきた貨物の積替え地となっている。 1934年北洋航路開発に伴ってつくられた。空港がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チクシ【Tiksi】

ロシア連邦北東部,極東地方のサハ(ヤクート)共和国の北部,レナ川の河口にある港湾都市。人口8800(1993)。1934年北方航路開設のときに建設された。5月末から10月初めまでチクシ湾が融氷する短い期間にレナ川を上ってヤクーチア(ヤクーツク地方)に送り込まれる物資の輸送船でにぎわう。北緯71゜31′に位置する酷寒地であるが,野菜の温室栽培と酪農が行われている。空港がある。チクシはヤクート語で〈波止場〉の意味である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チクシの関連キーワードスティーブンス・クリントフレーデフォートフレデフォート・ドームチチュルブ・クレーターチチュルブクレーターチクシベツ双生児竹匠

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android