チタン鉱物(読み)チタンこうぶつ(英語表記)titanium minerals

世界大百科事典 第2版の解説

チタンこうぶつ【チタン鉱物 titanium minerals】

チタンを含む鉱物総称チタン鉱物の種類は多く,約90種に達する。これらは主として酸化鉱物水酸化鉱物ケイ酸塩鉱物であるが,これらの鉱物中でチタンは多くの場合Ti4+の酸化状態で存在する。チタンは平均して大陸地殻中に0.9重量%含まれ,大陸地殻を構成している元素としては,O,Si,Al,Fe,Ca,Mg,Na,Kに次いで第9番目に位置するほど多量に含まれている。チタンは火成岩中ではFe‐Ti‐O系鉱物やチタン石titanite,spheneCaTiO(SiO4)(くさび石ともいう)として存在し,また,黒雲母,角セン石,輝石などの有色鉱物中にも含まれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android