コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチェン・イツァ遺跡 チチェン・イツァいせきChichén Itzá

2件 の用語解説(チチェン・イツァ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チチェン・イツァ遺跡
チチェン・イツァいせき
Chichén Itzá

メキシコのユカタン半島北部にあるマヤ文明後期 (900~1100頃) の都市遺跡。チチェン・イツァとはマヤ語で,イツァ族の泉のわき出るところの意。石造りのピラミッド,神殿,宮殿,球戯場,天体観測所などが残り,石彫,絵画,建築様式にはトルテカ文化の影響が強く現れている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界遺産情報の解説

チチェン・イツァ遺跡

チチェン・イツァは、メキシコのユカタン半島北部の大地に残る、古代マヤ文明の遺跡です。メキシコのビーチリゾート・カンクンから車で約3時間のところにあり、チチェンとは「井戸のほとり」、イツァとは「水の魔術師」という意をもちます。1988年、ユネスコ世界遺産にも登録された貴重な遺跡があり、迫力ある巨大なピラミッドで有名です。中央にそびえるピラミッド「エルカスティージョ」はマヤの暦を表しており、天文学の技術の高さを思い知ることができます。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
世界遺産情報について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone