チノ・クロス(読み)チノクロス

百科事典マイペディアの解説

チノ・クロス

厚地の綾織り綿布。名称の由来は,第2次大戦中,米国陸軍が制服用に中国から購入していた生地にあり,チノとはChineseの略。そもそも,カーキ色に染められた軍服は,植民地インドに駐屯していた英国軍が採用していたもので,カーキとはヒンディー語で〈ほこりっぽい〉という意。チノ・クロスは朝鮮戦争後一般に普及した。この布で作られたチノ・パンツ(通常綿パンと呼ばれる)は丈夫で,作業着や日常着として好まれている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android