コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生成り きなり ecru/'ecru(仏)

4件 の用語解説(生成りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生成り
きなり
ecru/'ecru(仏)

染色あるいは漂白される前の,天然繊維の色。未ざらしの麻の色で,ベージュオフホワイト,明るい黄褐色などがある。素朴な感じに人気がある

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

き‐なり【生成り/生形】

糸や布地の漂白していないもの。また、その色。→生成り色
生地のままで、飾り気のないこと。
「敦樸は厚淳朴なるぞ。其まま―なを云ふぞ、飾らぬぞ」〈蒙求抄・二〉

なま‐なり【生成り/生熟り】

[名・形動]
生熟れ1」に同じ。
能面の一。角を少し生やし、髪を乱した女面。般若(はんにゃ)の前段階で、女性の中の魔性がまだ十分に熟さない状態を表す。「鉄輪(かなわ)」の後ジテに用いる。
未熟であること。十分にできあがっていないこと。また、そのさまや、そのもの。
「―ナ鮨」〈日葡

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なまなり【生成り】

( 名 ・形動 )
未完成であること。まだ十分になりきっていないこと。また、そのさま。そのようなものをもいう。 「 -ナ鮨/日葡」
( 名 )
なれ鮓ずしの別名。また、なれ鮓のまだ十分に熟していないもの。なまなれ。 「 -をつけける女ありけり/仮名草子・仁勢物語」
能面の一。女の怨霊に用いる。角が生えかけた形で、般若はんにやになる以前のさまを表す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生成りの関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再ざら車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生成りの関連情報