コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャハマキ チャハマキ Homona magnanima

2件 の用語解説(チャハマキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャハマキ
チャハマキ
Homona magnanima

鱗翅目ハマキガ科。前翅長は雄 10mm,雌 15mm内外。翅は細長く,前翅は前縁が湾曲してふくらみ,翅端は突出する。前翅表は黄褐色で,雄では明瞭な帯状の褐色斑があるが雌では不明瞭。後翅前半は黄色で後半は暗色を帯びる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャハマキ
ちゃはまき / 茶葉巻蛾
[学]Homona magnanima

昆虫綱鱗翅(りんし)目ハマキガ科に属するガ。はねの開張20~30ミリメートル。はねは細長く、前翅の翅頂は出っ張り、外縁は中央で丸みをもつ。雄では前翅前縁にひだがあり、この部分に黒褐色の紋がある。雌は大形で、雄より色彩が明るい。後翅は雄では前縁部以外が灰色を帯びるが、雌では明るい黄褐色。本州北部から南西諸島まで、ごく普通に産する。国外では台湾、中国に分布する。幼虫はチャにはほとんど寄生せず、ミカン類に被害が多いという。広葉樹にも針葉樹にもつく多食性。濃緑色から淡緑色のイモムシで、寄主植物の葉を2、3枚重ねてその中におり、食害する。年に3、4回発生し、幼虫で越冬する。卵は寄主植物の葉の表面に150以上固めて産み付けられる。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャハマキの関連キーワード青虫葉巻蛾イネタテハマキ(稲縦葉巻)カクモンハマキ(角紋葉巻)クダマキモドキチャハマキ(茶葉巻)ハマキガ(葉巻蛾)ヒゲナガガ(髭長蛾)ヒメハマキガ(姫葉捲蛾)ビロードハマキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone