コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャハマキ Homona magnanima

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャハマキ
Homona magnanima

鱗翅目ハマキガ科。前翅長は雄 10mm,雌 15mm内外。翅は細長く,前翅は前縁が湾曲してふくらみ,翅端は突出する。前翅表は黄褐色で,雄では明瞭な帯状の褐色斑があるが雌では不明瞭。後翅前半は黄色で後半は暗色を帯びる。幼虫はほとんどすべての広葉樹の葉を食べ,針葉樹も食害する。年に4世代をもつ。熱帯地方では茶,コーヒーノキの害虫として有名。本州,四国,九州,台湾,中国,インドネシアオーストラリア,インドなどに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャハマキ
ちゃはまき / 茶葉巻蛾
[学]Homona magnanima

昆虫綱鱗翅(りんし)目ハマキガ科に属するガ。はねの開張20~30ミリメートル。はねは細長く、前翅の翅頂は出っ張り、外縁は中央で丸みをもつ。雄では前翅前縁にひだがあり、この部分に黒褐色の紋がある。雌は大形で、雄より色彩が明るい。後翅は雄では前縁部以外が灰色を帯びるが、雌では明るい黄褐色。本州北部から南西諸島まで、ごく普通に産する。国外では台湾、中国に分布する。幼虫はチャにはほとんど寄生せず、ミカン類に被害が多いという。広葉樹にも針葉樹にもつく多食性。濃緑色から淡緑色のイモムシで、寄主植物の葉を2、3枚重ねてその中におり、食害する。年に3、4回発生し、幼虫で越冬する。卵は寄主植物の葉の表面に150以上固めて産み付けられる。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チャハマキの関連キーワードズイムシアカタマゴバチチャハマキ(茶葉巻)タマゴヤドリコバチスギハマキ葉巻蛾井上

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android