コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャバネセセリ ちゃばねせせり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャバネセセリ
ちゃばねせせり / 茶翅
small branded swift
[学]Pelopidas mathias

昆虫綱鱗翅(りんし)目セセリチョウ科に属するチョウ。日本では中部地方の太平洋岸の暖地より以南に分布、夏から秋にかけて関東・北陸地方などで発見される個体はそれより南方からの分散と推定される。国外では中国から東南アジアにわたって広く分布する。はねの開張30~42ミリメートル程度。日本西南部ではイチモンジセセリとともにきわめて普通のセセリチョウで、雄の前ばね表面には地色より明るい線状の性標がある。日本本土では第一化は5月より出現、以後、発生を繰り返して11月ごろまでその姿がみられ、晩秋もっとも遅くまで活動するチョウの一つ。幼虫の食草はイネ、ススキ、チガヤ、その他のイネ科の雑草。幼虫態で冬を越す。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチャバネセセリの言及

【イチモンジセセリ】より

… 近縁種では,ヒメイチモンジセセリParnara nasoはやや小型で南西諸島以南に分布し,オガサワラセセリParnara ogasawarensisは小笠原諸島の特産種である。チャバネセセリ属では,チャバネセセリPelopidas mathiasが水田にも発生するが,後翅表面の白色斑を欠く。山地に見られるミヤマチャバネセセリPelopidas jansonisでは後翅表面の白色斑は1個のみである。…

※「チャバネセセリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チャバネセセリの関連キーワードミヤマチャバネセセリ花挵蝶白水挵蝶

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android