コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンダンナガル Chandannagar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンダンナガル
Chandannagar

インド北東部,ウェストベンガル州東部の都市。別称チャンデルナゴル Chandernagoreコルカタ (カルカッタ) 北方約 35km,フーグリ川西岸に位置。 1673年フランス人により建設され,1692年フランス東インド会社が商館を設置し,カルカッタのイギリス勢力と競合した。 1757年ロバート・クライブ率いるイギリス東インド会社軍に占領されたが,1816年フランスに返還され,フランスの東インドにおける交易の中心地となった。インド独立により 1949年にインドに返還された。ジュート工業が盛ん。ブルドワーン大学のカレッジ数校がある。人口 16万 2166 (2001) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チャンダンナガル

インド東部,西ベンガル州カルカッタ(コルカタ)北方約34km,フーグリ川河岸の都市。旧名シャンデルナゴルChandernagore。チャンデルナゴルとも。1673年フランス植民地となり,フランス東インド会社の根拠地であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャンダンナガル【Chandannagar】

インド北東部,西ベンガル州カルカッタ北方約34kmにあるジュート工業中心地。チャンデルナゴルとも呼ばれる。旧フランス領シャンデルナゴルChandernagore。人口12万(1991)。1673年フランス東インド会社領となり,18世紀中期にJ.F.デュプレックスの下でポンディシェリーとともにインド貿易の拠点として繁栄。1794年イギリスに占領されたが,1815年にフランスに返還され,1950年に住民投票の結果インド領に編入されるまでフランス領であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チャンダンナガルの関連キーワードシャイスタ・ハーンデュプレックス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android