コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンダーラ caṇḍāla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンダーラ
caṇḍāla

古代インドの賤民センダラともいわれる。アーリア人先住民を征服していく過程で,先住民の一部を賤民として扱ったが,チャンダーラはその語形からいって先住民の一集団から生れたと考えられ,それが賤民一般をさすようになった。彼らは四姓 (→カースト ) の外におかれ,宗教,職業,服装などの点できびしい差別を受けた。彼らに触れると穢れが生じるといわれ,アーリア人の居住する区域には住むことを許されず,町に入るときには木をたたいて彼らが近づくことを人々に示さねばならず,村の雑役,死体の処理や死刑の執行など不浄とされた仕事に従事した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャンダーラ【Caṇḍāla】

古代インドにおいてその存在が穢(けが)れていると考えられていた賤民。漢訳仏典では旃陀羅(せんだら)とする。古代インド社会では賤民制が複雑に発達したが,チャンダーラはそうした社会の最下層に置かれた集団。はじめ4バルナ(種姓)中のシュードラの範疇に加えられ,のちシュードラ以下の存在とみなされるにいたった。ヒンドゥー法典ではチャンダーラの起源をシュードラ男とバラモン女の混血に求めているが,これは史実ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャンダーラの関連キーワードバルナ(古代インドの四大階層)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android