コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンダーラ チャンダーラ caṇḍāla

2件 の用語解説(チャンダーラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンダーラ
チャンダーラ
caṇḍāla

古代インドの賤民。センダラともいわれる。アーリア人先住民を征服していく過程で,先住民の一部を賤民として扱ったが,チャンダーラはその語形からいって先住民の一集団から生れたと考えられ,それが賤民一般をさすようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チャンダーラ【Caṇḍāla】

古代インドにおいてその存在が穢(けが)れていると考えられていた賤民。漢訳仏典では旃陀羅(せんだら)とする。古代インド社会では賤民制が複雑に発達したが,チャンダーラはそうした社会の最下層に置かれた集団。はじめ4バルナ(種姓)中のシュードラの範疇に加えられ,のちシュードラ以下の存在とみなされるにいたった。ヒンドゥー法典ではチャンダーラの起源をシュードラ男とバラモン女の混血に求めているが,これは史実ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャンダーラの関連キーワードη中間子ヤバナ自己原因バーラトアクシオンインドアーリアンネフェリニトイドスラー酒リグ・ベーダ古代インドネシア美術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone