旃陀羅(読み)せんだら

精選版 日本国語大辞典「旃陀羅」の解説

せんだら【旃陀羅】

〘名〙 (Caṇḍāla の音訳) インドで四姓(カースト)の最下級である首陀羅(しゅだら)よりもさらに下の階級。と畜、漁猟、獄守などの職業にたずさわった。不可触民。チャンダーラパリア
※顕戒論(820)下「此人罪過重於前者。是謂菩薩旃陀羅也」
日蓮遺文‐佐渡御書(1272)「日蓮今生には貧窮下賤の者と生れ、旃陀羅が家より出たり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の旃陀羅の言及

【チャンダーラ】より

…古代インドにおいてその存在が穢(けが)れていると考えられていた賤民。漢訳仏典では旃陀羅(せんだら)とする。古代インド社会では賤民制が複雑に発達したが,チャンダーラはそうした社会の最下層に置かれた集団。…

※「旃陀羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android