コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンディーガル Chandīgarh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンディーガル
Chandīgarh

インド北西部,パンジャブ州ハリヤナ州州境に位置する都市。両州共通の州都で,周辺を含めて連邦直轄地(面積 114km2。人口 105万4686〈2011〉)となっている。一寒村にすぎなかったが,1947年のインド独立後,パキスタンに帰属したラホールに代わりうる都市の建設が必要となり,インド政府の依頼によりル・コルビュジエが設計し,エドウィン・マクスウェル・フライらとともに 1950年代初頭に建設を開始,1960年代初期にほぼ完成した。典型的な計画都市で,住宅地域は道路や緑地帯によって約 1km2の長方形に区切られ,中央に商店街があり,必要な公共施設が配置されている。北部に州議会,庁舎,集会場など,南東部に緑地帯を隔てて工場地域がある。北東方にはシバーリク山脈から流下する川を利用した人造のスクナ湖も完成。ヒマラヤを背景とした景観にも優れた美しい都市となっている。2016年,世界 7ヵ国 17件の建築物などで構成される「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」の一つとして世界遺産の文化遺産に登録された。人口 96万787(2011)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チャンディーガル

インドのパンジャーブ州とハリヤーナー州の州都で,連邦政府の直轄領。1950年近代的都市計画に基づき建設が始まり,ル・コルビュジエの指導の下に,有機的に構成された都市景観をもつ。
→関連項目パンジャーブ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャンディーガル【Chandīgarh】

インド北西部の連邦直轄地で,パンジャーブ,ハリヤーナー両州の州都。人口50万4000(1991)。シワリク丘陵南麓の複合扇状地上にある。インドとパキスタンの分離独立(1947)により旧パンジャーブ州の州都ラホールはパキスタン領となり,それにかわる新州都として建設された。1952年ル・コルビュジエの第1期計画の設計案が決定し,人工湖のほか29の長方形セクター(住区)からなる人口15万人の都市建設を目ざした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チャンディーガルの関連キーワードハリヤーナー[州]チャンディガル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android