コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンドラグプタ2世 チャンドラグプタにせいChandragupta II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンドラグプタ2世
チャンドラグプタにせい
Chandragupta II

インド,グプタ朝第3代の王 (在位 385頃~413頃) 。別名ビクラマーディティヤ Vikramāditya。漢訳名は超日王。チャンドラグプタ1世の孫。父のサムドラグプタが強大な軍事力をもって北インドの大部分を征服し,グプタ帝国を築いたあとをうけて,西方のサカ王国を攻め,ウッジャイニー (現ウジャイン) をも支配し,またバーカータカ朝に娘をとつがせ,デカンに勢力を及ぼした。その治世にグプタ朝の権勢と栄光は絶頂に達し,サンスクリット文学の黄金時代を現出した。文芸を保護し,詩人カーリダーサはこの時代に活躍した。法顕の渡印もこの時代である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャンドラグプタ2世の関連キーワード超日王(ちょうにちおう)超日王(ちょうじつおう)西・南アジア史(年表)クマーラグプタ1世チャンドラグプタウダヤギリ石窟クシャトラパ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android