コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュキカマタ チュキカマタ Chuquicamata

3件 の用語解説(チュキカマタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュキカマタ
チュキカマタ
Chuquicamata

チリ北部の鉱業都市。太平洋岸から約 140km内陸,アンデス山脈西斜面にあり,標高約 2700m。世界最大級の銅鉱床があり,1915年露天掘りにより採掘を開始,同国の銅生産の約4分の3を生産している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チュキカマタ【Chuquicamata】

チリ北部のアントファガスタ市から北東約200kmにある世界最大の露天掘りの大銅山。標高2700mの砂漠の中にある。規模が大きく銅鉱石の品位も高く,年間の生産量は純銅換算で約60万tに達する。アメリカアナコンダ社の所有であったが,アジェンデ政権下で国有化され,チリ銅公団(CODELCO)によって経営が行われている。アントファガスタへは鉄道,道路が通じている。【細野 昭雄】
[鉱床]
 中生代の断層・褶曲(しゆうきよく)運動に伴って貫入した白亜紀末のセン緑岩質斑岩中にある斑岩銅鉱床

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チュキカマタ【Chuquicamata】

チリ北部、アタカマ砂漠にある鉱業都市。世界有数の露天掘り銅山がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチュキカマタの言及

【二次富化帯】より

…この作用は低品位鉱床において特に重要で,アメリカ南西部,南アメリカなどの斑岩銅鉱床ではかつては二次富化帯のみが採掘の対象とされた。世界最大の銅鉱山であるチリのチュキカマタChuquicamata鉱山では,厚さ400mの二次富化帯が南北3.5km,幅500mにわたって発達し,現在でも二次富化帯の高品位鉱石を採掘している。【佐藤 壮郎】。…

※「チュキカマタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チュキカマタの関連キーワードアントファガスタザルカウエストファリアサファガガストフロントガストファクター天才学級アント・ファームニューマトファガスプーナ・デ・アタカマ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チュキカマタの関連情報