コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュキカマタ Chuquicamata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュキカマタ
Chuquicamata

チリ北部の鉱業都市。太平洋岸から約 140km内陸,アンデス山脈西斜面にあり,標高約 2700m。世界最大級の銅鉱床があり,1915年露天掘りにより採掘を開始,同国の銅生産の約4分の3を生産している。 52年選鉱・製錬設備が完成,68年には製錬設備が増設され,70年代後半から年産 50万tが可能となった。近くのサガスカ,エホティカにも鉱床がある。生産された銅は,南西約 220kmの太平洋岸にあるアントファガスタへ鉄道で運ばれ,輸出される。なお開発は当初アメリカ合衆国系企業によって進められたが,69年国有化された。人口2万 9959 (1983推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チュキカマタ【Chuquicamata】

チリ北部のアントファガスタ市から北東約200kmにある世界最大の露天掘りの大銅山。標高2700mの砂漠の中にある。規模が大きく銅鉱石の品位も高く,年間の生産量は純銅換算で約60万tに達する。アメリカのアナコンダ社の所有であったが,アジェンデ政権下で国有化され,チリ銅公団(CODELCO)によって経営が行われている。アントファガスタへは鉄道,道路が通じている。【細野 昭雄】
[鉱床]
 中生代の断層・褶曲(しゆうきよく)運動に伴って貫入した白亜紀末のセン緑岩質斑岩中にある斑岩銅鉱床

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チュキカマタ【Chuquicamata】

チリ北部、アタカマ砂漠にある鉱業都市。世界有数の露天掘り銅山がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のチュキカマタの言及

【二次富化帯】より

…この作用は低品位鉱床において特に重要で,アメリカ南西部,南アメリカなどの斑岩銅鉱床ではかつては二次富化帯のみが採掘の対象とされた。世界最大の銅鉱山であるチリのチュキカマタChuquicamata鉱山では,厚さ400mの二次富化帯が南北3.5km,幅500mにわたって発達し,現在でも二次富化帯の高品位鉱石を採掘している。【佐藤 壮郎】。…

※「チュキカマタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チュキカマタの関連キーワードエルテニエンテアントラー鉱アタカマ砂漠トコピヤカラマ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android