コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュクチ族 チュクチぞくChukchi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュクチ族
チュクチぞく
Chukchi

シベリアの北東端のチュクチ半島に住む少数民族。形質的にはモンゴロイドに属する。人口約1万 5000。海チュクチとトナカイ・チュクチとに分れる。言語は古シベリア諸語に属する。海岸漁労に従う海チュクチはアンカルンと自称し,半地下式住居に定住する。ツンドラでトナカイ放牧に従うトナカイ・チュクチは,皮張りテントに住み季節によって移動する。古アジア諸族のうちでもコリャーク族およびイテリメン族と近い関係にある。宗教はシャーマニズムで,催眠状態に入って霊と交信し,予言と治療のために儀礼を行う。外婚制氏族的な家族が社会単位であるが,バラトゥ varatという家族間の相互援助の組織を発達させている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チュクチぞく【チュクチ族 Chukchi】

ロシア連邦シベリア北東部の原住民で,今日ではチュコート自治管区を中心にその隣接地域に居住している。人口は全体で1万5100(1989)。チュクチ語は,旧アジア(パレオアジア)諸語に属し,そのなかでコリヤーク語ともっとも近い関係をもつ。また文化的にも社会・経済的にもコリヤーク族と多くの点で共通性を示している。自称には〈チャウチュ〉(トナカイ所有者の意)と〈アンカラン〉〈ラマグラット〉(ともに海岸の住人の意)があり,前者は内陸のツンドラ地帯でトナカイの遊牧を,後者は海岸地域に定住してアザラシセイウチ,クジラなどの海獣狩猟を営んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチュクチ族の言及

【住居】より

…大きいほうの半球の頂には上述の特異な構造物がのっていたが,これは煙出しで,冬の出入口でもあった。またエスキモーやチュクチ族では,かつて鯨骨を骨組みとする竪穴住居が用いられた。
[タイガ地帯のトナカイ飼養民の住居]
 タイガ地帯には,少数のトナカイを飼い,それを移動運搬手段としながら狩猟漁労に携わる原住民がいた。…

【ソビエト連邦】より

…上記のハンティ,マンシ,ネネツもその一部であるが,大部分はツングース語系諸族と旧シベリア諸族(パレオアジアート,古アジア諸族とも呼ばれる)である。前者には西シベリアからオホーツク海沿岸に分布するエベンキ族,アムール川下流,サハリン,沿海州に分布するエベン族,ナナイ族,ウリチ族,ウイルタ族(旧称オロッコ族),オロチ族などの民族が属し,後者にはコリヤーク族,チュクチ族,イテリメン族(旧称カムチャダール族),ニブヒ族(旧称ギリヤーク族),ユカギール族,ケート族などの民族が属する。 インド・ヨーロッパ語族に属する言語をもつ民族には,前記のロシア人,ウクライナ人,白ロシア人(ベラルーシ人)のほかに,バルト海沿岸にリトアニア人とラトビア人,ウクライナの南に,ルーマニア人と言語・文化の面で近いモルダビア(モルドバ)人がいる。…

※「チュクチ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チュクチ族の関連キーワードシベリアン・ハスキー[種]チュクチ自治管区V. ボゴラスボゴラス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android