コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウジガイ Caryophyllia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウジガイ
Caryophyllia japonica

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目チョウジガイ科。高さ 2cmほどになる円錐形の単体サンゴで,やや広くなった基部で岩石などに着生する。莢口は直径 1cmほどの円形で,莢内の隔壁は 48個あり,大小が交互に並んでいる。触手も 48本。1888年に相模湾江の島沖から世界で最初に報告された。日本周辺の水深 50~250mの大陸棚上に普通に見られ,南太平洋まで広く分布する。(→刺胞動物花虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウジガイ
ちょうじがい / 丁子介・丁字貝

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目チョウジガイ科チョウジガイ亜科の海産動物の総称、およびそのなかの1種。この類は囲壁が隔壁間に発達する骨格であるセプトテカからできていて、骨格は多孔性ではない。単体で、囲壁と軸柱をつなぐエンドテカがなく、骨格は莢(きょう)内のみがポリプの組織に覆われ、外壁は骨格がむき出しになる。
 和名チョウジガイCaryophyllia japonicaは逆円錐(えんすい)形で、莢径約1センチメートル、高さ1.5~2センチメートルで、日本沿岸の水深50~250メートルに普通にみられる。そのほか、インド洋、太平洋に広く分布する。近縁種にらっぱ状のアサガオチョウジガイ、くさび形のフリジアサンゴ、円板状のギンカサンゴ、楕円筒(だえんとう)形のチョウジガイモドキ、巻き貝を包み込むムシノスチョウジガイ、下部に6本の脚(あし)状棘(きょく)をもつアシナガサンゴなどがあり、いずれもやや深所に産する。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チョウジガイの関連キーワードオカチョウジガイナガレハナサンゴアシナガサンゴ非造礁サンゴタマサンゴセンスガイ陸丁字貝丁子介玉珊瑚丁字貝

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android