コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョカノ チョカノChocano, José Santos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョカノ
Chocano, José Santos

[生]1875.5.14. リマ
[没]1934.12.13. サンチアゴ
ペルーの詩人。唯美的な「近代主義」の流れをくみながらも,土着文化に傾倒して先住民のおかれた悲惨な現実を告発,最初の「アメリカの詩人」を自称。自国のみならずメキシコグアテマラの政治にも深く関与し,亡命先のチリで暗殺された。詩集に『聖なる怒り』 Iras santas (1895) ,『アメリカ魂』 Alma América (1906) ,『西インドの黄金』 Oro de Indias (34) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チョカノの関連キーワード検察官(司法)山田哲人秋山 登元老院ポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎閃長岩輝緑岩真壁騒動

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone