コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョタナーグプル高原 チョタナーグプルこうげんChota Nāgpur Plateau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョタナーグプル高原
チョタナーグプルこうげん
Chota Nāgpur Plateau

インド,デカン高原北東部の高原地帯。ガンジス川平原とマハーナディ川の間を占め,ビハール州からオリッサ州に広がる。ラーンチー高原,ハザリバグ高原が含まれる。平均標高約 700m。結晶質の岩から成り,開析が進んでいて,中央をダモダル河谷が弓形に横切る。森林と耕地が混在し,米,搾油用種子,穀類のほか良質のラワン材を産出。世界有数のラック樹脂の産地。石炭,鉄鉱石,雲母など地下資源が豊富で,ダモダル川の開発により,同国有数の工業地帯を形成。主要都市はラーンチーとジャムシェドプル

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チョタナーグプル高原の関連キーワードボジュプーリー方言ウェストベンガル州ケールワーリー諸語ハザーリバーグムンダーリー語サンターリー語ダーンバードサトプラ山脈ムンダ諸族プルーリアオラオン族ムンダ語族ミドナプルクルク語ガヤー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android