コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョタナーグプル高原 チョタナーグプルこうげんChota Nāgpur Plateau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョタナーグプル高原
チョタナーグプルこうげん
Chota Nāgpur Plateau

インド,デカン高原北東部の高原地帯。ガンジス川平原とマハーナディ川の間を占め,ビハール州からオリッサ州に広がる。ラーンチー高原,ハザリバグ高原が含まれる。平均標高約 700m。結晶質の岩から成り,開析が進んでいて,中央をダモダル河谷が弓形に横切る。森林と耕地が混在し,米,搾油用種子,穀類のほか良質のラワン材を産出。世界有数のラック樹脂の産地。石炭,鉄鉱石,雲母など地下資源が豊富で,ダモダル川の開発により,同国有数の工業地帯を形成。主要都市はラーンチーとジャムシェドプル

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チョタナーグプル高原の関連キーワードボジュプーリー方言ウェストベンガル州ケールワーリー諸語ハザーリバーグムンダーリー語サンターリー語ダーンバードサトプラ山脈ムンダ諸族ムンダ語族オラオン族プルーリアミドナプルクルク語ガヤー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android