コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョッキリゾウムシ Rhynchitinae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョッキリゾウムシ
Rhynchitinae

甲虫目オトシブミ科チョッキリゾウ亜科を形成する昆虫の総称。体長2~10mmほどの小型の甲虫で,体は硬く,金属光沢をもつものが多い。頭部は複眼より前が吻状となる。吻は一般に長めで,大腮は釘抜き状。前胸背は円筒状または樽形。後体部は肩が張って,前胸背より幅が広い。一般に草木の葉を円筒状ないし円錐形に巻いて揺り籠をつくり,その中に卵を産む。また,つぼみ,葉肋,果実などにも卵を産み,幼虫が葉柄や枝に切れ目を入れ,折り曲らせるのでチョッキリという名があり,果樹の害虫となるものが多い。世界に広く分布し,日本からは 50種以上が知られる。モモチョッキリ Rhynchites heros,ブドウハマキチョッキリ Aspidobyctiscus lacunipennisはそれぞれモモ,ブドウにつき,クロケシツブチョッキリ Auletobius uniformisはバラの新芽を害する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チョッキリゾウムシ

オトシブミ科の中のチョッキリゾウムシ亜科に属する甲虫の総称。一般に小型で体長10mm以内,口吻(こうふん)は長く突出する。美しい金属光沢のある種類が多い。樹木の若枝や若い果実に産卵し,これを切り落とす。
→関連項目ゾウムシ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョッキリゾウムシ
ちょっきりぞうむし / 直截象虫

昆虫綱甲虫目オトシブミ科の一亜科Rhynchitinaeの昆虫の総称。世界中で約1200種、日本には約60種が知られ、雌は産卵の際に若枝、果柄、葉などを途中まで切り、先のしおれた部分に卵を産む習性があるのでチョッキリの名がある。モモチョッキリゾウムシは、モモ、ナシ、ビワなどの果柄を切る害虫で、ウメチョッキリゾウムシもウメについて同様の産卵習性をもつ。ドロハマキチョッキリやイタヤハマキチョッキリは、葉柄を切ってしおれた葉を数枚集めて葉巻形の大きな「ゆりかご」をつくる。これにはヤドカリチョッキリが寄生するが、幼虫はゆりかごの一部を食べて両種とも育つ。バラにはヒメケブカチョッキリとクロケシツブチョッキリがつき、つぼみの付け根に切れ目をつける。ルリチョッキリの仲間は、カキ、ナシ、モモなどの若枝を切る。イクビチョッキリの仲間は、ナラやシイなどの葉を中間で切り、先のしおれた部分を縦に巻く。[森本 桂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チョッキリゾウムシの関連キーワード短截象虫森本

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android