コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョーキング choking

翻訳|choking

デジタル大辞泉の解説

チョーキング(choking)

エレキギターの奏法の一。音を鳴らしながら押さえているをずらし、音程を変える技法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

チョーキング【choking】

ポピュラー音楽で用いられるギターの特殊奏法の一つ。右手で弦をはじいた後,左手でその弦をフレットに沿って押し上げ,もしくは引き下げて,弦の張力を高め,音程を上げる。これにより,スラーをかけて尻上がりに高くなる音が得られ,感情表現に効果が大きい。もともと黒人のブルース・ギタリストが行っていたのをロック・ギタリストたちが取り入れ,ロック・ギターに欠かせない重要なテクニックとなった。エレクトリック・ギター【中村 とうよう】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チョーキングの関連キーワードハーモナイズド・チョーキング[harmonized bending]ライト・ハンド奏法[right hand playing]チョーキング・ビブラート[bending vibrato]クォーター・チョーキング[quarter bending]ダブル・チョーキング[double bending]ピッチベンド [pitch bend]キング(B. B. King)スクイーズ[squeeze]ギター スリムヴィブラートエレキギター

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チョーキングの関連情報