コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョークコイル choke coil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョークコイル
choke coil

自己インダクタンスにより高い周波数の交流を阻止し,低い周波数の交流を通すコイル。低周波用のものはフェライトなどを入れて自己インダクタンスを大きくしてある。コンデンサと組合せた平滑回路やフィルタを実現するために用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

チョークコイル【choke coil】

比較的高い周波数の電流を阻止し、直流または比較的低い周波数の電流だけを通過させることを目的としたコイル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョークコイル
ちょーくこいる
choke coil

電気または電子回路において、比較的高い周波数の電流を阻止し、直流または比較的低い周波数の電流を流しやすくするためのコイルをいう。電源チョーク、平滑コイル、塞流(そくりゅう)線輪、阻止線輪ともよび、CHとも略記する。なお、電気用のチョークコイルは、とくにリアクトルとよばれる。
 チョークコイルは、電源回路で脈流を除去するための整流平滑回路にコンデンサーと組み合わせ、通信線路や電子回路で特定の周波数範囲の信号を阻止するためには直列に挿入し、回路の交流抵抗ともいうべきインピーダンスを損なうことなく直流電流を通過させるには並列に挿入して用いる。チョークコイルは交流に対して阻止能力が高く、直流による電位降下ができるだけ小さいことが望ましい。このため低い周波数用には普通は空隙(くうげき)のある磁心にコイルを巻いたものを用いる。高い周波数では高いインピーダンスが得やすいために、単に絶縁棒の上にユニバーサル巻きとか、細い溝の中にコイルを巻き込んだ偏平コイルや、長い単層巻きのコイルを用いる。磁心を用いたチョークコイルでは、普通インピーダンスの変動を小さくするために直流磁束に比べ交流磁束の発生を小さくするように設計されている。交流磁束の発生が大きくなるように設計されたチョークコイルは、動作中のインピーダンスが非直線的に変化するため、その性質を利用してスインギングチョーク、磁気パルサー、高周波発生回路、磁気増幅器に用いられる。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チョークコイルの関連キーワードバルクハウゼン効果パーマロイ水銀ランプ初期磁化率整流回路蛍光灯安定器

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チョークコイルの関連情報