コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平滑回路 へいかつかいろ smoothing circuit

4件 の用語解説(平滑回路の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平滑回路
へいかつかいろ
smoothing circuit

直流電源装置で整流出力に含まれる脈動分を除去し,出力をなめらかにする回路。整流器の出口にコンデンサを並列に接続しておくと,それに充電された電荷が脈動の切れ目で外部に放電され,電流のとぎれるのを防ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へいかつ‐かいろ〔ヘイクワツクワイロ〕【平滑回路】

整流回路の出力中に含まれる交流電流を除去または減少させて、滑らかな直流を得る回路。コンデンサーチョークコイルまたは抵抗器からなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

へいかつかいろ【平滑回路】

整流器の出力電圧中に含まれる脈流分を減少させるために使用する低域フィルター。コンデンサーと、低周波チョーク-コイルまたは抵抗によって構成する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平滑回路
へいかつかいろ
smoothing circuit

整流器で整流された直流に含まれる脈流を小さくするために用いられる電気回路半波整流器で得られる直流は電源周波数と同じ脈流に、全波整流器では電源周波数の2倍の脈流になるので、整流回路の出力側に平滑回路をつける。平滑回路はチョークコイルとコンデンサーとを組み合わせてあり、一種の低域フィルターということができる。使用されるチョークコイルは負荷電流を増してもインダクタンスが減少しないように、空隙(くうげき)をもつケイ素鋼板に巻線したものを用いる。コンデンサーは普通電解コンデンサーを用いるが、出力電圧500ボルト以上では、油コンデンサーを使用している。
 平滑回路はチョーク入力型とコンデンサー入力型とに分けられる。チョーク入力型は回路の入力側にチョークを接続し、負荷に並列にコンデンサーを接続する。チョークのインダクタンスをある値以上にとると、チョークに流れる脈流には切れ目は生ぜず、負荷の変動に伴う電圧変動は小さい。電源変圧器は小さくてすむ特長があり、全波整流器に用いられる。コンデンサー入力型はダイオードのすぐあとにコンデンサーを接続するもので、負荷が小さいと、整流電圧の最大値に近い直流電圧が得られる。しかし、負荷が大きくなるとともに電圧が急激に減少し、電圧変動率は大きい。以上の二つを基本型とするが、さらにコンデンサー入力型とチョーク入力型とを接続した平滑回路があり、これをπ(パイ)型といい、良質の直流が得られるので、広く用いられている。また、チョークコイルのかわりに抵抗を用いたものをCR型などという。CR型は、抵抗による電力損を配慮する必要がある。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平滑回路の関連キーワードSCR水銀整流器整流整流管整流器セレン整流器ゲルマニウム整流器全波整流シリコン制御整流器ナグレル効果

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平滑回路の関連情報