コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チラナ チラナ Tirana

3件 の用語解説(チラナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チラナ(Tirana)

アルバニア共和国の首都。同国中部の工業都市。17世紀にトルコにより建設された。1920年から首都。人口、行政区39万(2003)。ティラナ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

チラナ【Tirana】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チラナ
ちらな
Tiran

南東ヨーロッパバルカン半島南西部に位置するアルバニア共和国の首都。人口27万9000(1999)。17世紀に発祥したトルコ起源の町で、ペルシア(現イラン)におけるトルコの勝利を記念して、当初テヘランTeheranと名づけられた。アルバニア中部にあり、海岸沿いの肥沃(ひよく)な平野と内陸山岳地帯の接点に位置する。比較的新しい町であるが、気候温暖、交通の便よく(海岸から30キロメートル)、1920年首都に選ばれてから急速に発展し、政治、経済、文化の中心地となった。1990年の市場経済導入以降、おもにアルバニア北部からの住民の流入によって人口が急増している。工業は、重工業部門の不振が続く一方で、織物、皮革、木材加工、食品、ガラスなどの軽工業部門の生産が活性化しており、国内全工業生産の4分の1を占めている。中心部スカンデルベグ広場から放射状に延びる6本の道路を骨格に、街並みは整然としている。市内の交通機関はバスかタクシー。郊外に、軍用を除いてはアルバニア唯一の空港がある。[大羽奎介・齋藤 厚]

歴史

17世紀にトルコの将軍バルキンザデフ・スレイマン・パシャにより建設されたが、20世紀初頭でも人口は約1万5000人にすぎなかった。1920年にルシニャで開かれた国民議会は独立アルバニアの首都をチラナとすることを決定した。その後スカンデルベグ広場の周辺にイタリア人建築家の手で政府の建物が建てられた。39年にイタリア軍に占領されたが、第二次世界大戦後、アルバニア人民共和国の首都になり、91年の社会主義体制崩壊後に成立したアルバニア共和国においても引き続き首都の地位にある。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チラナの関連キーワードアジスアベバアルバニアビリニュスバグダッド羅馬ДушанбеハラーレМінскНальчик

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チラナの関連情報