コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チルド食品 チルドショクヒン

2件 の用語解説(チルド食品の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チルド‐しょくひん【チルド食品】

低温(0度前後)で輸送、販売される食品。チルドビーフチルドデザート(ゼリーケーキなど)、チルドジュース、その他スープなどの料理がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チルド食品
ちるどしょくひん

凍結しない程度の、なるべく低い温度に冷却した状態で輸送、販売され、家庭でも冷蔵貯蔵する加工食品。常温では腐敗などがおこり、衛生的に危険である食品を冷蔵車で運び、冷蔵ケースに入れて販売するもので、冷凍食品を除いたものをいう。またゼリー類などのように、常温になると形の崩れるものも含まれる。チルドchilledは冷却されたの意。一般には-5~5℃、狭義では氷結点付近の温度帯をいう。JAS(ジャス)(日本農林規格)でチルド食品として規格されているものには「チルドハンバーグステーキ」「チルドミートボール」などがあり、温度条件は「氷結点を超え、5℃以下で保存」と規定されている。そのほか、チルド食品にはスープ類、プディング、フルーツヨーグルト、紙箱入りの各種の飲料、チーズケーキ、生ケーキ、チーズ、蜜豆(みつまめ)、フルーツカクテルなど、数々の種類があり、広義には冷蔵食品一般を意味する。牛肉の保存法では-1~1℃で流通させるものをチルドビーフという。チルド食品は、保存できる日数の短いものが多く、流通面でも細かい温度管理が必要である。そのため、チルド食品群として広く流通し始めたのは、昭和50年代になってコールド・チェーンが発達してからである。[河野友美・山口米子]
『和田隆宣・大久保敬直編著『チルド食品』(1988・光琳) ▽『チルド食品の流通技術――文献・特許ガイド』(1993・流通システム研究センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チルド食品の関連キーワード加工食品健康食品低温流通食品損失単輸送畜産食品低温殺菌(火入れ)低温熟成低ナトリウム食品品質保持剤

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チルド食品の関連情報