コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チロシナーゼ チロシナーゼ tyrosinase

4件 の用語解説(チロシナーゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チロシナーゼ
チロシナーゼ
tyrosinase

モノフェノールオキシダーゼ,フェノラーゼともいう。チロシン酸化酵素。フェノール→カテコール→ο-キノンの反応を触媒する。基質酸化の際に消費される酸素量とか,酸化の結果生じたキノン量を測定して活性を決める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チロシナーゼ(tyrosinase)

イオンを含む酸化酵素の一種。毛髪や眼・皮膚などの生合成の前駆体となる物質を合成する反応にかかわる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

チロシナーゼ

 [EC1.14.18.1].モノフェノールモノオキシゲナーゼ,フェノラーゼ,モノフェノールオキシダーゼ,クレゾラーゼ.チロシンにヒドロキシル基を導入してドーパにする反応を触媒する酵素.メラニン合成経路の酵素で,銅を含む.チロシン,L-DOPA,O2から,L-DOPA,DOPAキノン,H2Oを生成する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛髪用語集の解説

チロシナーゼ

アミノ酸であるチロシンを酸化し、メラニンをつくる酵素のこと。年齢を重ねる度に減少していくため、メラニン色素をつくることができなくなり、髪の毛の色が薄くなっていき白髪となる。そのため、老化現象による白髪というのは、自然に起こるものである。

出典|抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」
copyright(C) 抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」 All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チロシナーゼの関連キーワードフェノラーゼアルキルフェノールパラアミノフェノールペンタクロロフェノールジフェノールオキシダーゼポリフェノールオキシダーゼモノフェノールモノオキシゲナーゼアミノフェノール4-アミノフェノールパラスフェノフィルム

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チロシナーゼの関連情報