コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンキ剤 チンキざい tincture

翻訳|tincture

3件 の用語解説(チンキ剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンキ剤
チンキざい
tincture

生薬をアルコールで浸出,または溶かしたもの。普通,濃度 10%程度のものを使う。橙皮,センブリサンショウ浸出液で健胃薬とされる苦味チンキヨードチンキなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

チンキざい【チンキ剤】

生薬をエタノールで浸出して製した液剤。カンフル-チンキ・苦味チンキの類。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チンキ剤
ちんきざい
tincture

生薬(しょうやく)をエタノールまたはエタノールと精製水の混液で浸出して製した液剤。日本薬局方には、アヘンチンキ(鎮痛・鎮けい・止痢剤)、カノコソウチンキ(鎮静剤)、苦味チンキ(芳香苦味健胃剤)、トウガラシチンキ(局所刺激剤、外用)、トウヒチンキ(芳香苦味健胃剤)、ホミカチンキ(苦味健胃剤)が収載されている。ヨードチンキは日本薬局方の規定では酒精剤になるが、慣習上チンキと称している。内用および外用に応用される。このほか、カンタリスチンキがあり、発泡、引赤剤として外用で用いられる。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チンキ剤の関連キーワードエチレングリコール酒精剤変性アルコールロートエキス浸出キナエキス固形アルコール丁幾アルコール漬けチンキ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チンキ剤の関連情報