コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

健胃薬 ケンイヤク

デジタル大辞泉の解説

けんい‐やく〔ケンヰ‐〕【健胃薬】

健胃剤」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんいやく【健胃薬】

胃の運動を高め、胃液の分泌を促進し消化を助ける薬剤。当薬・竜胆りゆうたん・桂皮などの苦み、芳香のある生薬類が用いられる。健胃剤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

健胃薬
けんいやく

芳香や苦味によって嗅覚(きゅうかく)、味覚を刺激して反射的に胃液や唾液(だえき)の分泌を亢進(こうしん)させ、胃の機能(運動、分泌、消化)を促進させる薬剤で、食欲不振や消化不良に用いられる。苦味を利用するものを苦味健胃薬、芳香を利用するものを芳香健胃薬という。主として生薬(しょうやく)がこの目的で用いられ、苦味健胃薬にはゲンチアナ、センブリ、リュウタン、コロンボ根、ホミカ、コンズランゴ、オウレン、オウバクなどがあり、芳香辛味健胃薬としてははっか油、ウイキョウ、ケイヒ、サンショウなど食品としての香辛料を含むものがあり、その精油が芳香成分である。芳香健胃薬はまた駆風薬(腸内ガスを排出させる作用をもつ薬)としても用いられる。トウヒのように芳香と苦味を有するものは芳香苦味健胃薬という。健胃薬は一般的に消化酵素を配合して用いることが多いので、健胃消化剤ともいわれている。食べすぎ、胃酸過多のときに用いられる健胃散は、制酸剤としての炭酸水素ナトリウムにセンブリ末あるいはゲンチアナ末を配合したもので、これにさらにジアスターゼなどの消化酵素を加えてよく用いられる。健胃散は単に胃散ということもある。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の健胃薬の言及

【胃腸薬】より

…消化薬,健胃薬,整腸薬等を包括し,広い意味で消化機能を助ける目的で使用される薬物群の総称。胸焼け,げっぷをはじめとして悪心,嘔吐,食欲不振,胃痛,腹痛,潰瘍,下痢,便秘等日常経験する多様な胃腸障害に用いられる薬物を含むので,薬効分類上次のように多くの種類に分けられる。…

※「健胃薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

健胃薬の関連キーワードメチルメチオニンスルホニウムクロライドアズレンスルホン酸ナトリウムkina tinctuurkina extractジメチルポリシロキサンタカジアスターゼビオジアスターゼスクラルファートニューラーゼコアントローコンズランゴアルジオキサソファルコンテプレノンプロザイム苦味チンキキナチンキコロンボ根セルラーゼチンキ剤

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android