チン氏(読み)チンし

世界大百科事典 第2版の解説

チンし【チン氏】

ベトナムのレ(黎)朝後期(1529‐1788)に,レ帝を抑えて実権を握り,フエに拠るクアンナム(広南)朝グエン(阮)氏に対抗した一族。鄭Trinn氏とも書く。祖チン・キエム(鄭検)は16世紀,マク(莫)氏によってレ朝が中絶したおり,グエン・キム(阮淦)の幕下で再興に努力し,1545年キムの死とともに太師となって実権を握った。92年その子チン・トゥン(鄭松)がハノイを奪回しレ帝を迎えたが,99年以降自ら王府を開いて国政を掌握した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチン氏の言及

【ベトナム】より

…しかし,急速な集権化はタイントンの没後,反動を呼んで宮廷内紛が頻発し,1527年軍権を握ったマク(莫)氏が帝位を簒奪した。これに対し,ラオス,タインホアに拠るグエン・キム(阮淦)はチン(鄭)氏とともにレ朝後裔を擁立して抵抗し,ベトナムは長い内乱期に突入した。92年レ=チン勢力はハノイを落としたが,マク氏は北方山地にこもって割拠し,グエン・キムの子ホアン(潢)はフエに拠って自立し(クアンナム(広南)朝),3者の争いは19世紀初頭まで続く。…

※「チン氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android