ツァーベルン事件(読み)つぁーべるんじけん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツァーベルン事件
つぁーべるんじけん

プロイセン・フランス戦争の結果、ドイツに併合されたアルザス州の小都会ツァーベルンZabern(フランス語ではサベルヌSaverne)で、1913年11月に起こったドイツ軍と住民との衝突事件。アルザスの住民はドイツ民族であるが、民主的風習になじんでいてドイツ帝国による軍国主義的支配を嫌っていた。そこに20歳の若い軍国主義的な少尉フォン・フォルストナーVon Forstnerが着任して、新兵教育のときにアルザス住民をむちゃなことばで侮辱した。このことが地方新聞で暴露されると、住民はフォルストナーが外出するごとに包囲して彼を侮辱し返した。ついに大騒動となり、軍部は11月28日に令状なしで27人の若者を逮捕した。ドイツ帝国議会は、宰相がこの事件について謝らないので、12月4日帝国議会創設以来初めての宰相不信任案を可決した。[村瀬興雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android