コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェトキン ツェトキン Zetkin, Clara

2件 の用語解説(ツェトキンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェトキン
ツェトキン
Zetkin, Clara

[生]1857.7.5. ウィーデラウ
[没]1933.6.20. アルハンゲルスコエ
ドイツの婦人革命家。社会主義者鎮圧法が施行されている時代にドイツ社会民主党に入党。主として党の婦人団体組織と教育,文化活動に従事した。 1892~1916年党の婦人雑誌『平等』 Gleichheitを刊行し,その主筆となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツェトキン
つぇときん
Clara Zetkin
(1857―1933)

ドイツの政治家。ザクセンのウィーデラウに教師の娘として生まれる。ライプツィヒに移住後、女性教師養成所で勉学中、ロシア社会主義者オシップ・ツェトキンOssip Zetkin(1852―1889)と知り合い、のち結婚。1878年ドイツ社会民主党に入党し、1891年女性運動の雑誌『グライヒハイト』(平等)の発行に携わり、社会主義的女性運動の指導者となった。この間、党の統制委員、教育委員などを務めたが、左翼急進派として第一次世界大戦中も反戦活動を継続、ローザ・ルクセンブルクらとスパルタクス団を組織し、1917年独立社会民主党に参加した。1919年ドイツ共産党に移り、1920年以来、国会議員となり、党中央委員、コミンテルン執行委員としても活動、1932年8月には最年長議員として国会でナチ党を激しく攻撃した。1933年6月20日、モスクワ近郊アルハンゲリスコエで死去した。[松 俊夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツェトキンの関連キーワードデラウェアウィーデマン効果ウィーデマンフランツの法則ウィーノDVDオーディオベックウィズ・ウィーデマン症候群スウィート・スウィートバッグラウィーニアルーデラル岩アラウィー[山脈]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone