コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツキイゲ(英語表記)Spinifex littoreus (Burm.f.) Merrill

世界大百科事典 第2版の解説

ツキイゲ【Spinifex littoreus (Burm.f.) Merrill】

東南アジアから日本の屋久島までの海岸の砂丘に群生するとげのある変わった形のイネ科多年草(イラスト)。は下部が長くはってやや木質化し,上部が立ち上がって,高さ30~50cmになる。葉は茎の節につき,刺針状で,反り,長さ5~20cm,幅3mmくらいで,茎とともに白っぽい緑色で,先は鋭い針に終わる。雌雄異株で,日本では夏に開花する。雄花序は茎の頂に束生した数個の総(ふさ)で,各枝は4~8cm,先端にとげがあり,中央上部に長さ1cmくらいの小穂をやや密につける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツキイゲ
つきいげ
[学]Spinifex littoreus Merr.

イネ科の多年草。根茎は長く、地中を横にはう。稈(かん)は基部が分枝して太く、低木状となり、高さ30~50センチメートル。葉は刺(とげ)状円柱形で太く、表面に浅い溝がある。雌雄異株。7~8月、稈頂に先が刺になる花序分枝を放射状に並べてつける。小穂には小花が2個ある。雌花序は径約10センチメートルの球形で、成熟すると稈頂から脱落し、風にのって穎果(えいか)を散らす。屋久(やく)島から沖縄にかけての砂丘に生え、中国、インド、マレーシア、フィリピンに広く分布する。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android