コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツゲ科 ツゲかBuxaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツゲ科
ツゲか
Buxaceae

双子葉植物ニシキギ目の1科。世界のおもに熱帯と亜熱帯に4属約 100種がある。多くは常緑の低木であるが,フッキソウ (富貴草) のような多年草もある。葉は対生,ときに互生するものもあり,全縁の単純形で質はやや硬い。花は細かく,単性花が普通で,雌雄花は同株または異株につく。果実は乾果で通常は蒴果となる。ツゲ (黄楊) は材が有用なほか庭樹などに,また,フッキソウも観賞用に栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツゲ科
つげか
[学]Buxaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑の低木または草本。葉は厚く、単葉で、対生または互生する。花は短い穂状花序をつくるか葉のわきに群生し、花被片(かひへん)は4または6枚で2輪に並び、同形で萼(がく)と花弁の区別はない。雄しべは4または6本で花弁と対(つい)の位置につく。子房は2~3室、各室に1~2個の胚珠(はいしゅ)が下垂する。花柱は短くて太く、2~3裂する。果実は(さくか)または液果、2~3個の大きな堅い種子がある。世界の熱帯から温帯に分布し、4属100種ほど知られる。日本にはツゲ属とフッキソウ属とが野生する。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツゲ科の関連キーワードフッキソウ(富貴草)台湾朝熊黄楊ホホバオイルツゲ(黄楊)黄楊・柘植朝鮮姫黄楊豆介乃木朝熊黄楊西洋黄楊油脂植物ヒメツゲ本黄楊ホホバ黄楊木唐黄楊姫黄楊吉祥草小黄楊庭黄楊草黄楊

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android