ツボスミレ(英語表記)Viola verecunda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツボスミレ
Viola verecunda

スミレ科の多年草。アジア東部に広い分布をもち,日本各地の山野や人家付近のやや湿ったところに普通に生える。根もとから多数の茎を出し,斜めに立上がり,高さ 10~20cmに達する。葉は長さ,幅とも2~3cmの三角状心臓形で,低鋸歯がある。托葉は披針形で,ほとんど全縁またはまばらな鋸歯がある。春に,葉腋に長い花柄のある小さな白色花を開く。唇弁には紫色の筋があり,距は短くて丸い。柱頭の形が僧侶のもつ如意に似ているところからニョイスミレの名もある。ツボスミレの名が別種タチツボスミレの別名でもあることから混同を避けるためである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ツボスミレ

ニョイスミレとも。スミレ科の多年草。北海道〜九州,東アジアの平地や丘陵地のやや湿ったところにはえる。茎は高さ5〜20cm,葉は互生し卵状腎臓形,托葉は披針形で縁に鋸歯(きょし)がない。春,葉腋に長い花柄のある小型の花を開く。花は白色で唇弁(しんべん)には紫色のすじがあり,距(きょ)は短い。
→関連項目スミレ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のツボスミレの言及

【スミレ】より

…スミレに似て,めしべの花柱が膨らみ,カマキリの頭に似たものは,染色体の基本数もスミレなどと同じで,スミレなどと比較的近縁であると考えられる。その中でニョイスミレV.arcuata Bl.(ツボスミレ)は東アジア冷温帯から東南アジアやニューギニアまでの日当りのよい湿った場所に生え,日本ではしばしば雑草となっている。地域的に形態の変異があって,そのいくつかは変種として区別されるが,日本の人家付近に多い型は根茎が短く,茎は斜上または倒伏し,葉身は三角状腎円形で先が鈍く,托葉の縁の切れ込みは浅くまばらである。…

※「ツボスミレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android