ツングース隕石(読み)ツングースいんせき(英語表記)Tungusskii meteorit[ロシア]

世界大百科事典 第2版の解説

ツングースいんせき【ツングース隕石 Tungusskii meteorit[ロシア]】

1908年6月30日早朝,ソ連邦(現,ロシア)シベリア中部,エニセイ川の支流ポドカメンナヤ・ツングースカ川の上流地方に巨大な隕石が落下した。直径1000kmあまりの広範囲で大火球が目撃され,大爆発による振動は数千kmはなれたヨーロッパ各地でも記録された。その後,しばらくは上層大気中にただよう微塵のため北半球高緯度地方では夜光雲が見られたという。このような大事件にもかかわらず本格的な調査がはじめて行われたのは1921年で,ソビエト連邦科学アカデミーはクーリクL.A.Kulikを隊長とする探検隊を送った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android