コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツングース隕石 ツングースいんせきTungusskii meteorit[ロシア]

世界大百科事典 第2版の解説

ツングースいんせき【ツングース隕石 Tungusskii meteorit[ロシア]】

1908年6月30日早朝,ソ連邦(現,ロシア)シベリア中部,エニセイ川の支流ポドカメンナヤ・ツングースカ川の上流地方に巨大な隕石が落下した。直径1000kmあまりの広範囲で大火球が目撃され,大爆発による振動は数千kmはなれたヨーロッパ各地でも記録された。その後,しばらくは上層大気中にただよう微塵のため北半球高緯度地方では夜光雲が見られたという。このような大事件にもかかわらず本格的な調査がはじめて行われたのは1921年で,ソビエト連邦科学アカデミーはクーリクL.A.Kulikを隊長とする探検隊を送った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ツングース隕石の関連キーワード国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣クリーマーロマン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android