コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エニセイ川 エニセイがわreka Enisei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エニセイ川
エニセイがわ
reka Enisei

ロシア中部,シベリアを北流し,北極海に注ぐ大河。流域の大半はクラスノヤルスク地方に属する。東サヤン山脈南西斜面から西流する大エニセイ川と,モンゴル北部に発し西流する小エニセイ川がトゥーバ盆地のクイズイル付近で合流してエニセイ川となり,盆地を西流したのち北へ流れを変え,西サヤン山脈,次いでミヌシンスク盆地,東サヤン山脈西端部を横切り,右岸にアンガラ川を合せたあたりで西シベリア低地に出る。同低地で谷幅は 10~20kmに広がり,融雪時には谷幅いっぱいに川が流れる。中流部より下流は左岸の西シベリア低地,右岸の中央シベリア台地という対照的な地形の境をなしながら北流し,最下流部では右岸も低地 (北シベリア低地) となる。下流部では川幅2~5km,深さ 14~23mとなり,最下流部の 300kmほどは一部分流し,河口に三角州をつくりながらカラ海のエニセイ湾に注ぐ。長さは源流の大エニセイ川水源から 4092km,大エニセイ川と小エニセイ川の合流点からは 3487km,さらにモンゴルから北流してバイカル湖に注ぎアンガラ川に続くセレンガ川を源流とみなすと,その水源から 5550kmとなる。流域面積 270万 km2。下流部では 10月下旬~6月上旬,上流部では 11月下旬~4月下旬は結氷。夏には河口から上流のオズナチェンノエまで (3013km) 定期航路があり,イガルカまで (673km) は外洋船が航行可能。おもな支流はカン,アンガラ,ポドカメンナヤトゥングスカ,ニジニャヤトゥングスカ,クレイカなどでいずれも右岸に注ぐ。下流部では漁業が盛ん。中流部は未開発であるが,シベリア鉄道と交差するクラスノヤルスクを中心に,上流のミヌシンスク盆地までは中央シベリアで経済活動が最も活発な地域で,この川を利用して石炭,鉱石,木材,工業製品の輸送が盛ん。クラスノヤルスク付近とアバカン上流に水力発電所とダムが建設されている。沿岸主要都市は上流からミヌシンスク,アバカン,クラスノヤルスク,エニセイスク,トゥルハンスク,イガルカ,ドゥジンカ,ウスチポルト。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エニセイ‐がわ〔‐がは〕【エニセイ川】

YeniseyЕнисейロシア連邦、サヤン山脈に源を発してシベリア中部を流れ、北極海エニセイ湾に注ぐ川。長さ4090キロ。木材などの輸送路、水力発電に利用。冬季は結氷。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エニセイ川
えにせいがわ
Енисей Enisey 

ロシア連邦、シベリア中央部を北流し、カラ海のエニセイ湾に注ぐ大河。東サヤン山脈から流下する大エニセイと、モンゴル国のダルハト盆地に発する小エニセイとがキジルで合流してエニセイ川本流となる。全長4092キロメートル(大エニセイから)、流域面積259万平方キロメートル。合流点からミヌシンスク盆地までは西サヤン山脈を横断し、ボリショイ・ポローグ(大急流の意)とよばれる急流や滝が続く深い渓谷であったが、ここにサヤノ・シューシェンスコエ・ダムが建設された。また東サヤン山脈の低所を横切る所にあるジブノゴルスクに1971年クラスノヤルスク・ダムが建設され、その逆流が360キロメートル上流のミヌシンスク付近に達している。クラスノヤルスク付近からは、早瀬を所々に伴いながら、エニセイ台地の東縁に沿って西シベリア低地を北流する。アンガラ川、ポドカメンナヤ・ツングースカ川、ニジニャヤ(下)・ツングースカ川の三大支流をいずれも右岸からあわせ、氾濫原(はんらんげん)の幅20~40キロメートル、年平均流量は毎秒約2万立方メートルに達する大河となる。
 ウスチポルトより下流が河口部で、巨大なデルタ(三角州)をつくって分流し、エニセイ湾に注ぐ。河口における年平均流量は毎秒1万9800立方メートルである。全川にわたり雪解けの4月下旬から6月にかけて高水期となり、ついで7月から9月にかけて流量が安定し、11月に低水期がある。上流山地部で11月末から4月末まで、中流ではクラスノヤルスクで11月中旬から5月上旬まで、下流では10月下旬から7月初めまでの間結氷する。春の雪解けは大量の流水を伴い、年間流量623立方キロメートルがカラ海に注ぎ、約1000万トンの懸濁物質が運搬される。
 エニセイ川は本流のほぼ全域約3000キロメートルが航行可能で、中央シベリア地方のもっとも重要な交通路となっている。ことに下流地方では航空路以外のほとんど唯一の交通路で、主要な貨物輸送がクラスノヤルスクから河口に近いドゥジンカの間で行われている。沿岸では木材、石炭、石墨、鉄、非鉄金属、金などを産し、それらの輸送に河水が利用されるほか、シベリア開発の資材輸送も増加している。とりわけ木材の流送が全輸送量の半分以上を占めている。主要港は上流からアバカン、クラスノヤルスク、ストレルカ、マクラコボ、エニセイスク、トルハンスク、イガルカ、ドゥジンカなどである。漁獲はサケ、ニシン、マス、チョウザメの類がある。[津沢正晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エニセイ川の関連キーワードポドカメンナヤトゥングスカ川ニジニャヤトゥングスカ川タンヌ・オーラ[山脈]タンヌ・オーラ[山脈]キジル(ロシア連邦)ツングースカ大爆発クラスノヤルスク橋ツングース語系諸族タンヌ・オラ山脈中央シベリア高原シュシェンスコエノルデンシェルドタシュティク文化ザオジョルヌイサモエード諸語トゥーバ共和国アンガラ[川]プトラナ高原チョーナ川トゥイム川

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エニセイ川の関連情報