ティモテオス[1世](英語表記)Timotheos I

世界大百科事典 第2版の解説

ティモテオス[1世]【Timotheos I】

728‐823
ネストリウス派カトリコス。在位780‐823年。ネストリウス派教会の黄金時代を実現させた。アッバース朝厚遇のもとでともすれば腐敗に陥りがちな教会規律を引きしめ,2回の主教会議(790,804)を通じてネストリウス派の教義を確定した。またこの時代に布教活動も頂点に達し,中央アジア,中国,インドチベットシベリアなどに宣教師が送られ,新しい主教座が多数開かれた。ティモテオスカリフ顧問としてアッバース朝に大きな影響力を有した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android