コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティモテオス[1世] Timotheos I

世界大百科事典 第2版の解説

ティモテオス[1世]【Timotheos I】

728‐823
ネストリウス派カトリコス。在位780‐823年。ネストリウス派教会の黄金時代を実現させた。アッバース朝の厚遇のもとでともすれば腐敗に陥りがちな教会の規律を引きしめ,2回の主教会議(790,804)を通じてネストリウス派の教義を確定した。またこの時代に布教活動も頂点に達し,中央アジア,中国,インド,チベット,シベリアなどに宣教師が送られ,新しい主教座が多数開かれた。ティモテオスはカリフの顧問としてアッバース朝に大きな影響力を有した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ティモテオス[1世]の関連キーワード安積親王大伴郎女守部大隅ポスター淳和天皇公営田淳和天皇ベオルンウルフ公営田

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android