コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオシント

3件 の用語解説(テオシントの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

テオシント

メキシコ原産でトウモロコシの祖先種と考えられているイネ科の一年生飼料作物。茎は丈夫で高く,2〜4mに達する。基部で多数分げつし,大きな叢状を呈する。葉は著しく豊富である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テオシント【teosinte】

家畜の餌として栽培されるイネ科の一年草。中央アメリカの原産で,メキシコではトウモロコシ畑に雑草として生えている。トウモロコシと近縁な植物で,トウモロコシの祖先となんらかの関係があると考えられている。草丈は2~5mとなり,株もとから多くの分げつを出す。葉は長大で長さ約1m,幅8cmになり,数も多い。トウモロコシに似て茎の先端に雄穂がつき,葉腋(ようえき)にはトウモロコシより貧弱で小さな雌穂が生じる。雌穂は苞葉に包まれ,中にやや扁平で三角状の子実が,数個~十数個,密に並ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テオシント
ておしんと
teosinte
[学]Euchlaena mexicana Schrad.

イネ科の一年草。原産地は中央アメリカで、メキシコではトウモロコシ畑に雑草として生えることもある。トウモロコシと近縁な植物で、トウモロコシの起源とかかわりがある植物と考えられている。飼料として栽培される。根元から分げつを多数出して大きな株状となり、草丈は3~5メートルとなる。葉は数が多く、大きなものは長さ約1メートル、幅8センチメートルにもなる。秋に茎の先端に雄穂、葉腋(ようえき)に雌穂をつける。ともにトウモロコシの花穂を貧弱にしたような形で、雌穂は包葉に包まれ、長さ4~8センチメートル、中にやや扁平(へんぺい)で三角状の穎果(えいか)が数個から十数個2列に密着している。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テオシントの関連キーワードスーダングラス牧草アンディーブ高粱禾穀類四国稗春菊ユーフォルビアモロコシ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone