コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テトラメチレンジアミン tetramethylenediamine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テトラメチレンジアミン
tetramethylenediamine

化学式 H2N(CH2)4NH2 。動物の排泄物や蛋白質腐敗生成物に含まれる特臭のある物質。オルニチン (アミノ酸一種) が脱炭酸酵素の作用をうけて生じる。結晶。融点 27~28℃,沸点 158~159℃。水に可溶プトマイン中毒症状の原因となるアミンの一種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テトラメチレンジアミンの関連キーワードクロミック材料スペルミン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android