コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テトラルキア テトラルキアtetrarchia

2件 の用語解説(テトラルキアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テトラルキア
テトラルキア
tetrarchia

四分領。起源は古代ギリシアテッサリア四分統治で,政治,軍事組織上の目的で人為的に定められたもの。のちマケドニアフィリッポス2世テッサリア支配の際この方式を採用した (前 342) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テトラルキア【tetrarchia[ギリシア]】

古代ヘレニズムローマ時代の四分治制。〈4分の1の権力〉が本来の意味。テッサリアの4政治・軍事区分を指して用いられたのが起源らしい。のちこれは実効性を失ったが,前4世紀にテッサリアを支配したマケドニアのフィリッポス2世テトラルキアを復活させ,4人の部下を長として派遣してテッサリアの反抗を抑えた。やがてのちのヘレニズム諸王国でもこれを取り入れるものがあり,四つに限定されず,下級政治区分一般を指して用いられることもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のテトラルキアの言及

【ローマ】より

…283年にはさらにカリヌス(在位283‐285),ヌメリアヌス(在位283‐284)が立ったが,ディオクレティアヌス(在位284‐305)の即位をもって,混乱の軍人皇帝時代は終わる。
[第4期――専制君主政期(284‐395)]
 ディオクレティアヌスは統治と防衛をより効果的なものにするために,帝国を4分割し,自分とマクシミアヌスの2人を正帝とし,ガレリウスとコンスタンティウスを副帝とする四分治制(テトラルキア)を敷いた。彼の自発的退位(305)に際して再び起こった内乱のなかからコンスタンティヌス1世とリキニウスが勝ち残り,再度(313,314)の内戦ののちコンスタンティヌス1世が単独皇帝として残った(在位306‐337)。…

※「テトラルキア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone