コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テネシー川 テネシーがわTennessee River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テネシー川
テネシーがわ
Tennessee River

アメリカ合衆国,オハイオ川最大の支流。全長 1049km。アパラチア山系から流れ出すホルストン川とフレンチブロード川がテネシー州ノックスビルで合流してテネシー川となり,ケンタッキー州パデューカでオハイオ川に合流。植民地時代,東部のノースカロライナ州バージニア州からアパラチア山系を越えてミシシッピ川に出る通路にあたり,流域の開発が進んだが,中・上流部では滝,急流,浅瀬が多く,河川交通は下流部でのみ発達。流域の農産物をミシシッピ川,ニューオーリンズを経て東海岸に移出した。 1930年代より TVA (テネシー川流域開発公社) による開発の対象となり,上流部ではダム建設が進み,電源開発が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

テネシー‐がわ〔‐がは〕【テネシー川】

Tennessee》米国、アパラチア山脈に源を発し、オハイオ川に合流する川。全長1050キロ。1933年に始まったTVA(テネシー渓谷開発公社)の事業によって多くのダムが建設された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

テネシー川の関連キーワードフォート・スタンウィックス条約アチソン=リリエンソール報告ナッシュビル=ダビッドソン世界のおもな水族館多目的開発計画トムビグビー川テネシー[川]テネシー[州]リリエンソールモリスタウンディケーターフローレンスチャタヌーガミシシッピ州ウィルキーファイナー公共企業体多目的ダム地方計画総合開発

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android